HMBをダイエットを実践しながら比較してみた

HMBを飲みながらダイエットを実践して、それぞれを比較してみました。

以前、筋トレとか運動するのだから、とりあえずプロテインを飲んでいたのです。

でも、何気にカロリーが高めなので、あまりお腹の脂肪が減ってくれません。

ダイエットに使用したHMBサプリを比較する説明

そんな悩みを抱えていた時、ちょうどHMBの事を知りました。

HMBサプリって、超カロリーが低いから、ダイエットで役立ちまくりなのです。

何せ、ほぼ摂取カロリーが無いのと同じだから、気にせず飲めちゃいますからね。

こうしてダイエット中は、ひたすら色んなHMBサプリメントを飲みました。

沢山種類があるから、どれが体脂肪燃焼活動と相性が良いか比較したかったからです。

各HMBは、粒の大きさが全然違ったり、粉末状の物があったりと、見た目だけでもバラバラでした。

結論から言えば、ぶっちゃけどれも低カロリーだけに、運動していると痩せていったのですけどね。

でも、飲んだ感覚や、体脂肪の燃え方など、細かい部分に差が出ていたのも事実です。

このように、HMBをダイエットを実践しながら比較してみた結果を公開していきます。

HMBをダイエット中に使って比較したランキング

HMBをダイエット中に実際に使い、使用感から比較してみました。

その結果をランキング風に並べてみます。

ダイエット実践比較ランキング1位 メタルマッスルHMB
メタルマッスルHMBのパッケージ

メタルマッスルHMBの特徴は、HMBの他、BCAA、グルタミン、クレアチンといった成分が含まれています。

さらに特許配合として、黒生姜、黒胡椒エキスとビタミンEが配合されているのです。

そこへ筋力アップを補助するフェヌグリーク、オルニチン、赤ワインポリフェノール、トンカットアリ、バイオペリン、シュリンPF、コエンザイムQ10といった成分が入っています。

価格 返金保証 1日分のカロリー
定期価格初回500円(税別)送料無料
2回目以降6480円(税別)送料無料
4回の継続が条件
単品8640円(税別)
30日間 6.36kcal
メタルマッスルHMBの総合評価

ダイエット中に使ったHMBサプリで1位となったのはメタルマッスルです。

私は、いつも運動の前と後に体重と体脂肪を計測しています。

トレーニング後に体脂肪率が減っても、その後に食事等で戻るのは普通です。

減った分と食事のトータルで、少しずつ痩せるのが良いダイエットとなります。

そんな中、運動後の変動平均値が高かったのが、このメタルマッスルHMBでした。

最初は、やたら売れているサプリという事で、敢えてスルーしていました。

でも、比較後の今となっては、最初から使っていれば良かったと思っています。

メタルマッスルHMBの公式サイト

ダイエット実践比較ランキング2位 HMBアルティメイト
HMBアルティメイトのパッケージ

HMBアルティメイトもHMB以外の成分が充実しています。

BCAA、フェヌグリーク、バイオペリン、シニュリンPF、トンカットアリ、グルタミンといった成分ですね。

いわゆる男のパワーの源といった感じです。

仕事等で弱っている時間帯でも意外とトレーニング意欲が湧くイメージでした。

価格 返金保証 1日分のカロリー
定期価格初回500円(税別)
2回目以降6480円(税別)送料無料
4回の継続が条件
単品9258円(税別)
120日間 3.99kcal
HMBアルティメイトの総合評価

2位となったHMBアルティメイトは、少しタブレットが大きめでした。

成分や飲んでみた感覚は、1位のサプリと同レベル。

でも一気に飲むのが微妙に苦しかったので、やむを得ず順位を落としました。

運動前後の体脂肪率の変化は、メタルマッスルとほぼ変わらず、素晴らしいHMBサプリです。

飲んだ感覚は、実際に飲んでみないとわからないので、あくまでも私の感想だと思って参考程度にどうぞ。

HMB自体の効果である筋肉の回復は、ハードトレ翌日にしっかりと体感する事ができました。

HMBアルティメイトの公式サイト

ダイエット実践比較ランキング3位 HMBマッスルプレス
HMBマッスルプレスのパッケージ

HMBマッスルプレスは、シンプルに1日分1500mgのHMBが摂取できるサプリです。

他のサプリとの併用に適したタイプとなっています。

特にダイエット的な成分とか入っていませんが、当然低カロリー。

1日のトータル摂取カロリーのコントロールに役立ってくれました。

価格 返金保証 1日分のカロリー
定期価格初回2475円(税別)
2回目以降4950円(税別)送料無料
いつでも停止可能
単品6700円(税別)
お得なまとめ買いアリ
無し 7.32kcal
HMBマッスルプレスの総合評価

ダイエット実践比較で3位となったHMBマッスルプレスは、ぱっと見、普通なんですよね。

はい、メインの成分HMB以外は、何もないように書かれてあります。

でも実際に飲んで筋トレや有酸素運動をすると、割と体脂肪が変動しました。

しかも毎回だったので、どうやら誤差とかでは無さそうです。

数値的には上位陣と大きく変わらなかったので、高いレベルのHMBサプリメントだと思えました。

HMBマッスルプレスの公式サイト

HMBをダイエット中に使って比較した具体的な方法

HMBをダイエット中に使って比較した具体的な方法を解説しておきますね。

私は、いつも運動の前と後には、体重などを測定するとランキングの記事で書きました。

具体的に、それはどうやるのかという話です。

使った体重計は、体重、体脂肪、内臓脂肪、BMI、内臓脂肪、基礎代謝が計測可能となっています。

測定で使った体重計

ただ、内臓脂肪は、割とアバウトな表示なので、細かく測定できる体脂肪を重視しました。

この体重計で筋トレと有酸素運動を行う直前に測定します。

着衣を脱ぎ裸足になってパンツ1枚だけで体重計に乗るので、寒い日は正直辛いですね。

これはともかく、全ての運動が終わり、息切れしまくっているタイミングで再び測定するのです。

あと、なるべくHMBを飲むタイミングを同じにしたり、測定や運動を行う時間を同じにします。

だから、大体朝一番か夜の入浴前というパターンが多かったですね。

朝は起床後すぐにHMBと水を沢山飲み、30分後から運動開始。

夜は夕食後にHMB、その30〜60分後に運動という感じです。

ランキング上位のサプリは、筋トレ後、長い時間の有酸素運動になればなるほど良い感じでした。

これらが、HMBをダイエット中に使って比較した具体的な方法となります。

HMBを女性がダイエットで使うのは超有効

HMBを女性がダイエットで使うのは超有効です。

ただ、食べないだけとか、サプリを飲むだけで痩せようとするのはNGとなります。

これから健康的に運動をして、見た目も中身も綺麗にダイエットする時にHMBは有効なのです。

この運動という部分がポイントで、テキトーに軽い運動をしてやったつもりになってはいけません。

せっかくHMBを飲むのだから、1つ1つの筋肉に刺激を与えましょう。

美しくダイエットに成功したいなら、気になる場所だけでなく、できるだけ全身の筋肉を動かす事が重要です。

全身の筋肉を鍛えた方がダイエットに有利な事とHMBの重要性

筋肉は強くなればなるほど、どんどん代謝が上がって、体脂肪を燃やしやすくなります。

だから、できるだけ多くの筋肉が強くなった方が、ダイエットでは有利なのです。

女性も最近は、男性顔負けのトレーニングを行う人が増えています。

そんな筋トレ女子達の中では、HMBが流行っているようですね。

やはり、実際に筋トレしている人達は、その効果が実感出来るのでしょう。

あと、HMBは、運動する意欲にも影響が出やすいので、初めて筋トレする女性にもおすすめです。

そんなわけで、HMBを女性がダイエットで使うのは超有効だという話でした。

HMBとプロテインをダイエットという条件で比較

HMBとプロテインをダイエットという条件で、どちらが良いか比較してみます。

私は、両方とも長期間飲み続けていた経験があるので、実践レベルでわかっているつもりです。

単純に痩せるというだけを考えると、プロテインよりHMBが良いでしょう。

その理由は、圧倒的にカロリーが低いからです。

プロテインの場合、ダイエット用を使っても、普通のHMBにはカロリー面で勝てません。

プロテイン1食分のカロリー

はっきり言って、HMBは摂取カロリーが、ほとんど無いくらいです。

どう足掻いても、1日全体で10キロカロリーを超える事はありません。

逆にプロテインは、あっという間に100キロカロリーとか超えていきます。

だから、1日のトータルで見ると、身体に入るカロリーは少ない方がダイエット向けなのは当たり前なんですよね。

HMB1食分のカロリー

ただ、プロテインは、食事と置き換える場合は、かなり使えます。

しかし、この時は、タンパク質以外の栄養を上手に摂取しないと、食事のバランスが崩れるので注意です。

結局は、食事のカロリーを低く抑えながら、栄養をバランス良く摂り、間食でHMBを飲むのが最強でしょう。

もちろん、筋トレや体脂肪を燃やす有酸素運動は実行する事が前提となります。

まとめると、HMBとプロテインをダイエットという条件で比較すると、HMBに軍配が上がると言えますね。

ダイエットで役立つHMBランキング